スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪在りし日の連ね歌≫明日へ ~しがらみ断ちの物語~【仮プレ】

人柱以外の存在意義を認められずに死んでった奴が……。
『……二度も殺される理由はねぇだろうがよ』
あいつは十分役目を果たしてんだろうが。
それでも尚殺そうってんなら……欠片も容赦しねぇぞ。

主に前衛で壁役になる。
初手で旋剣の構えで強化しながら陣形を整え、その後は黒影剣奥義で攻撃。
月子ちゃんが攻撃を仕掛けた敵に狙いを定める。
突破される前に一体ずつ集中攻撃。
互いに連携し、早期にボス格以外の配下を殲滅する。
『テメェらにくれてやる贄なんざ、何処にもいねぇよ』


HPを防具分以上に消費したら一旦後ろの仲間と入れ替わる。
旋剣で一度回復後、仲間のアビリティで十分に回復するまではカラミティハンド改を飛ばす。
総HPの7割以上まで回復出来たら再交代、前に出て黒影剣での攻撃に戻る。

配下殲滅後はボス格へ素早く狙いを切り替え。
HPが再び防具分削られていれば、一旦旋剣を使用。
カラミティハンドが残っていれば撃ち尽くす。
撃ち切ったら黒影剣で接近戦。
黒影剣も尽きたら気魄攻撃で接近戦を続行。
『贄だの何だのと……いい加減聞き飽きた。そろそろ黙れ』

突破をかけようとする敵がいれば優先的に張り付いて阻止。
特に、保護対象に真っ直ぐ向かおうとする個体は最優先。
最悪の場合は身を盾にしてでも庇いに行く。


戦闘後はマヨイガへの旅路を見送る。
『これからは何も強いられる事はねぇ。お前を縛るモンはもう、何にもねぇんだ』




579文字。

 黒影剣奥義 ◆◆◆ ×8
 旋剣の構え ◆ ×8
 カラミティハンド改 ◆◆ ×4

銀盤エクスプロージョン【仮プレ】

【心情】
『流れてるモンは凍らせりゃいい、か。随分とまぁ……』

【戦闘前】
『帰り道なんざ使わせねぇ。……橋も奴らも、全部壊す』

妖獣を頼むと言う月子ちゃんへ。
『はいよ。……んじゃ、そっちも頼んだぜ』

【戦闘】
スパイク付きの靴は準備しておく。
前衛でマンモス担当。
『おい、デカいの。こっちで相手してもらおうか』

初手で近接可能なら即座に黒影剣奥義で攻撃。
無理ならば、移動しながら旋剣の構えで強化、その後黒影剣奥義。
以降、旋剣は回復以外では使用せず。
『恨むんなら、テメェらを差し向けた主様でも恨みな』

マンモスとの戦闘時、密集や直線状に並ぶのを避ける。
一遍に巻き込まれない程度に間隔を空けたり、
他のメンバーとは別方向から攻撃するなど、的を絞らせない様に。
気絶させられた仲間がいれば、間に割って入り代わりにガードするなど、
動けない者が敵に追撃されない様にフォロー。
『あんまり好き勝手やってんじゃねぇぞ……!』

マンモスを撃破したら一気にリリスへ攻勢をかける。
『踏み躙りに入ってきて……立場が逆転した気分はどうだよ?』

HPが防具分を抜けたら旋剣を使用。
ただし、仲間から回復を受けて間に合うならば攻撃重視。
黒影剣奥義が尽きたら気魄通常攻撃。
『こんな前哨戦で、倒されてたまるかっての』

【撤退条件】
半数以上が戦闘不能かつ、相手が両方健在なら撤退。
動けない者に手を貸し、迅速に。

【戦闘後】
まだ伯爵がいる。
……気が抜けねぇぜ、ホントに。







_________________________________________________________________________________________________


以上、600文字ちょうど

アビは黒影剣奥義×12、旋剣×8

散り往くシンビジウム、背中合わせの剣士たち【仮プレ】

【心情
失意の淵でも笑うってのは……酷なモンにしか思えねぇなぁ。
死者も生者も報われてねぇだろうが。最期まで。

『……気に入らねぇな。あのメガリスゴースト』
死者を縛り、生者の心を抉り、生前の彼らを嘲笑うかのように使役する、そのやり方が。

月子ちゃんの言葉にはポツリと返答。
『……一番気に食わねぇ部類、かもな』

【戦闘
戦闘開始後、前衛で一樹を抑えに。
『志した道の先がコレか。……死んでも報われねぇな』

初手で近接できない場合のみ旋剣の構え。
黒影剣奥義で攻撃。
抑え組でそれぞれ3方向を囲められれば尚よし。
『……せめてもの手向けだ。俺も一剣士として相手してやる』

攻撃時は月子ちゃんと連携を。
同時に合わせる様に攻撃を叩き込む。
『あぁ、遠慮しねぇさ。……欠片もなぁ!』

抑え役の仲間が激しく消耗した所を敵に狙われたら、間に割って入るなどして庇う。
HPが防具分を消費し、仲間の回復を受けられない、回復量が足りない場合は旋剣。

HPが半分以上残っている状況なら攻撃に専念。
攻撃アビが尽きたら気魄攻撃。
最後まで前衛で相手する。

希が倒れたら最後に一樹へ。
『アンタらの生きた証、その剣を……それ以上穢すんじゃねぇ』
解放してやるよ。その枷からな。

【戦闘後
メガリスゴーストを破壊。
『……性質ワリィぜ。テメェみてぇなのは』

墓に手を合わせるでもなく黙祷するでもなく、静かに見つめながら思案する。
(認められなかったワケ……非情さが欠けていたから、か?)




アビ
黒影剣奥義×12
旋剣の構え×8

彼の名は恐怖 仮プレ

たとえ成り損ないだろうが、相当の命をゲームで食い潰した事は、原初と何ら変わらねぇ。
『どのみちマトモじゃねぇなら……潰すだけ、ってな』


事前に靴に布を巻き、足音を極力消す。
他に罠も警戒しながら主戦場へ。

●戦闘

前衛で攻撃担当。
「前衛貴種>前衛従属種>デイモス(>後衛貴種)」の優先順。
一度で接敵出来れば、以後そのまま黒影剣奥義。
初手で遠距離攻撃も届かないなら、移動しつつ一度だけ旋剣の構えで強化。
なるべく仲間同士で1体を集中攻撃。
『遠慮も手加減も無しだ。恨むなよ?』

後衛に敵が向かった場合、射程内ならカラミティハンド改で牽制。
デイモスの抑え役が吹き飛ばされたり、交代要請があった場合は、回復が済むまで代わりに抑えに入る。
再交代の要請があれば、また配下への攻撃に戻る。優先順は同じで。

配下2~3人を倒せた時点でデイモスへ。
残っていれば引き続き黒影剣奥義、尽きたらカラミティ改で攻撃。
『化けモンに成り下がって、それでも力に酔えるとはな。……これも狂気故、か』

デイモスをある程度消耗させたら挙動を注視。
些細な動作でも、何か来そうなら周囲へ知らせる。
『気ぃ付けろ、何かくるぜ』

HP半分以下で、後衛の味方に回復要請。
HP約2/3未満しか回復出来なかった場合には旋剣。
特にデイモスから一度でも攻撃を受けた時には回復を最優先。
『……わりぃ、頼む……!』

攻撃アビが尽きたら気魄通常攻撃。


●戦闘後
……まだ潜んでやがんのかな、あの類は。






600文字
装備はステシ通り
アビは黒影剣奥義8、カラミティ改4、旋剣4

≪迷ヒガ≫それでも好きと言えなくて

未練抱きながらも此処まで来た……それを無駄にはさせねぇ
だから、まずはこっちの危ねぇのをどうにかしねぇとな
……そっちには絶対、行かさねぇ

前衛で妖獣を抑えに回り、黒影剣奥義で攻撃
初手で近接できなければ旋剣の構え、その後黒影剣
回数が尽きたら気魄攻撃で
出来るだけ近くの仲間と連携して集中攻撃
敵を狙っていく優先順は
残りHPの少ない個体>行動可能な個体>BSで行動不能の個体

『……頭ん中は破壊と殺戮だけ、ってか。んな客、お断りだ』
『アイツが新たな一歩踏み出せるかどうか、大事なトコだ。……邪魔はさせねぇ』

自分がフリーの時、女の子の方へ向かおうとする妖獣がいれば抑えに行く
最悪体を張ってでも、それ以上先へは行かせないつもり

ブレイクされても旋剣は再強化に使わず、回復用に温存
目安はHPが半分を切り、仲間の回復援護が受けられない時

【戦闘後】
『……溜め込んでるモン、話してくれねぇか。ゆっくりでもいい。ホンの少しでもいいから』
と、彼女を落ち着かせる様に話しかけてみたい
絶対に急かさず、口も挟まずに

話を聞き出せたらその上で
『マヨイガなら居場所を失う事は無い。……そして、誰かを手に掛ける事もな』
と、言葉を掛ける

もし彼女が不安がっている様であれば
『自分で此処まで来れたんだ。……それはスゲェ事だと思う』
と、彼女の行動を肯定。
少しでも励ましになれば、それでいい




___________________________________________________
……以上、564文字。
活性アビは黒影剣奥義8と旋剣4。
プロフィール

nineK

Author:nineK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。