スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガリス修学旅行:過去と未来を繋ぐ糸

問題なければコレで行こうと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

春嵐の姫君【仮プレ】

アクティブが何考えてんのか知らねぇが……胸糞わりぃモンだって事は分かった
……だったら潰してやんよ
徹底的に、向こうがブチ切れるくらいになぁ


前衛で行動
メンバー同士で7m程、爆発に巻き込まれない程度の間隔を空ける様に配置
開始直後に近接出来るなら初手から黒影剣奥義
不可能なら旋剣の構えを一度だけ
他の仲間が官女を担当してくれる間、春嵐の抑えに回る
特に後衛へ行かせない様に全力で抑えに行く
『主様のために頑張ってるトコ、失礼すんぜ。……くたばりやがれ』
『テメェらがしようとしてる事が気に食わねぇ……だからぶっ潰す。そんだけだ』

春嵐が直線攻撃に入ろうとしたら注意喚起
此方も適度にばらけ、狙いを付けられない様に動く
敵数体の攻撃が集中している仲間にはカラミティハンド改で援護

味方同士で連携して集中攻撃していく
攻撃アビが全て尽きたら気魄攻撃
HPが半分以上削られた状態で他者回復アビを受けられない、
もしくは受けられても三分の二を下回る様なら旋剣で回復
それ以外は攻撃重視
『……まだ倒れる気はねぇな』


妖狐には此方から手出しはせず、仮に共闘を持ちかけられたら応える程度
ただし神将へのとどめは譲らない
もし襲撃された場合は通常攻撃で牽制する程度
アビでの反撃は避ける


神将の出現方向
倒した直後に煙化したらどこへ消えるか
妖狐がどの方向へ去っていくか

以上を余裕があれば観察
仲間と情報を整理し、体力や人数に余裕が残るのであれば探索も視野に入れる






気魄 黒影剣奥義 ◆◆◆ ×8
術式 旋剣の構え ◆ ×8
気魄 カラミティハンド改 ◆◆ ×4

富士山麓、妖鳥の災い:西から来たりて始まりを告げる【仮プレ】

アビは
 気魄 黒影剣奥義 ◆◆◆ ×12
 術式 旋剣の構え ◆ ×12

装備は
 武器: レベル3レッグギロチン
 武器: 冥獄絶刀
 防具: 緋纏
    目覚まし時計
    包帯
    金魚鉢
    まる。
    アンティークカメラ




続きを読む

今は誰にも会いたくない、ただ没頭していたい。……いつまでも?【仮プレ】

迷い込んだのは……少年も一緒じゃねぇのかな
……とりあえずさっさと抜けて、声の一つでもかけてやるか


闇纏いを使って侵入
他に希望者がいなければ蛍燐くんを憑依させる
家族がいた場合の対処は仲間に任せる


【隊列
前列:マリス、龍次、モーラット
中央:咲耶、ホエル、ベート、舞子
後列:蛍燐、宗司


アビリティは、戦闘不能者が出そう、
数で押し切られそう等の緊急事態以外では控え、通常攻撃

戦闘では後列からの射撃
優先順は、拘束系BSにかかった者>弱っている者>それ以外の順
雑魚相手でも強敵かの様に、苦戦しているフリ
前列のメンバーに攻撃が集中した時は援護する
『くそ……こんなヤベェ奴らが出るなんざ聞いてねぞ』

集中攻撃で倒した場合、
『次は上手くいくか……分かんねぇな』

後方や死角を警戒する素振りは見せない様に油断したフリをしつつ、奇襲に注意
後方からの奇襲時は殿として接近戦
『何処からでも湧くのかよ……!』

通常攻撃が効きにくい敵が出たら初めて攻撃アビを解禁
後衛からカラミティハンド改
後方からの攻撃には黒影剣改
『……これでもいつまで凌げるか分からねぇ』

旋剣は回復のみに使用
HPが半分を切り、味方から回復を受けられない時に

通常攻撃の効かない強力な個体ばかりになれば、陣形も完全に整える
『いつまでも好き放題だと思うんじゃねぇぞ』


迷宮を抜けて鍵を破壊したら少年を説得
『挫折は誰だってするさ。……とりあえず、外の空気吸いに行くのもいいんじゃねぇか?』

___________________________________________________

600文字
装備はステシ通り

黒影剣改 ◆◆ ×8
旋剣の構え ◆ ×8
カラミティハンド改 ◆◆ ×8


古典的なパパンの古典的な偏愛【仮プレ】

行き過ぎた愛情とメガリスゴーストが出逢っちまった、か……。
尚更性質ワリィもんだな。

【準備】
大学生くらいの年齢・雰囲気を出せそうな服装で。
娘の目を掻い潜るため、戦闘を終えるまで闇纏いを使用。
玄関先のスペースに「二階窓から見て死角になりそうな箇所」が無いかを探る。
父親に発見される可能性も考慮し、なるべく物陰から観察する、
大きな音を立てない様にする等を徹底。

該当箇所があればハンドサイン(サムズアップや○を作ったりする程度で分かりやすく)で伝達。
そこに待ち伏せて標的を誘い込む予定。

【戦闘】
前衛で父親を抑えに回る。
初手から黒影剣奥義で攻撃。
一度で距離を詰めきれない時は移動後に旋剣の構えを使用、その後攻撃。
『とりあえず……止めさせてもらうぜ、親父さん』

無理に撃破しようとはせず、配下が殲滅されるまで耐えて抑えきる事を重視。
総HPの半分程を消耗したら旋剣。

配下が全て倒れたら攻撃重視に切り替える。
HP回復は防具分を消費するまでは行わない。
『後はアンタだけだぜ、親父さん。……その厄介な力から解放してやるよ』

いずれの場合も、味方から十分な回復を受けられた時(目安は総HPの三分の二以上)は自己回復せずに攻撃。
黒影剣が尽きたら気魄攻撃。

【戦闘後】
闇纏いは解除。
通りがかりの野次馬を装い、遠巻きに事態を見守る。
『……まぁ、娘さんがそれだけ大事だったって事だよな』


_______________________________________________________________________________________________________


黒影剣奥義 ◆◆◆ ×12
旋剣の構え ◆ ×8

装備品はステシの通り
プロフィール

nineK

Author:nineK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。